キャッシングは短期間がお得!

短期間キャッシング|無利息期間

 

次の給料日まで生活費がちょっと足りない…給料日前なのにまとまったお金が必要…など、
突然の出費やお給料日まで少し補填したい場合は、即日融資も可能なキャッシングが便利です。

 

特に、短期間の借入の場合には、キャッシングの無利息サービスがお得です!

 

無利息サービスとは、一定期間、金利が無料となるサービスです。
借入から返済までの期間が短い場合は、金利無料期間に返済を終えることもできるので、
金利は0円、つまり借りた金額だけを返済すればよいことになります。

 

短期間キャッシング|長期間

また、キャッシングは金利が高いので長期間利用する場合には、借入額と金利を合わせた返済総額がとても高くなってしまいます。

金利が無料になるサービスがあれば、通常よりも金利を安く済ませることが出来るため、
借入額が大きい、借入期間が長い場合にもぜひ利用したいサービスです。

 

当サイトでは、無利息サービスを行っている安心のおすすめ消費者金融をご紹介しています!

短期間借りるならここ!安心キャッシングTOP3!

アコム

キャッシング短期間|アコム アコムでは、アコムを初めてご利用の方に限り、無利息サービスを行っております。

最大30日間、金利が無料になるので、短期間で返済できる場合には、無金利でキャッシングサービスをご利用いただけます。
また、最短30分のスピード審査のため、即日融資も可能です!
今すぐお金が必要!給料日までちょっとだけ借りたい!という方に便利にご利用いただけます。

 

アコムのおすすめポイント!

  • 最短30分のスピード審査!
  • 借入・返済に来店は不要
  • Webからなら24時間申込みOK!

>>アコムの詳細はこちら!

キャッシングが短期間のときの金利はいくら?

キャッシング会社の多くが、法律で決められている最大金利の18%に設定しています。
では、実際にお金を借りた場合、どれくらいの利息がかかるのでしょうか?

 

10万円を年利18%で30日借りる

 

10万円×0.18(18%)÷365×30日=1,479円

 

金利は借りた金額の18%を1年で割り、借入期間をかけることで計算できます。
この場合、金利は1,479円、つまり10万円に1.480円を足して返済することになります。

 

10万円を年利18%で90日借りる

 

10万円×0.18(18%)÷365×90日=4,438円

 

同じ10万円でも、返済期間が延びると金利も高くなります
30日が90日、期間が3倍になれば、金利も3倍になるということです。

 

キャッシングの返済は短期間で済ませよう!

短期間キャッシング|短期間で返済する

 

計算の通り、キャッシングは返済期間が長くなると金利も高くなります
借りている金額は同じなのに、返済する額が高くなるなんて、もったいないと思いませんか?

 

キャッシングをした際は、返済を優先して、できるだけ短期間で返済をすることがおすすめです!

 

 

>>ランキングに戻る!

短期間でキャッシングをするメリットは?

短期間キャッシング|返済計画をたてる

 

キャッシングを短期間にすることの一番のメリットは、金利が安く済む、ということです。

 

同じ金額を借りても、返済期間が長くなればなるほど、金利は高くなってしまいます。
返せるタイミングで返済し、できるだけ短期間で借入を終わらせることが、キャッシングで損をしないポイントです。

 

金利無料期間なら金利がゼロ!?

キャッシング会社のサービスの一つに、金利無料サービスがあります。
大手キャッシング会社の多くがおこなっているサービスで、主に初めてキャッシングを利用する方を対象に、一定の無利息期間が付いてくるものです。

 

10万円を30日間借りる場合、本来ならば年利18%で約1,500円の利息がかかってしまいますが、
無利息期間が30日ある場合、この1,500円が無料になるということです。

 

また、10万円を90日借りる場合、本来は90日分の利息を払う必要がありますが、
無利息期間が30日ある場合には、実質60日分の利息で済む、ということです。

 

返済シミュレーションをしてみよう!

短期間キャッシング|相談窓口

いくら借りたらいくら金利がかかるのか、月々これくらい返済したらどのくらいの期間が必要なのか、など、
借入をする前に返済シミュレーションをしてみましょう。

 

実際に月々いくらくらい返さなければならないのか、金利を足すといくらになるのかなど、
返済シミュレーションを行うと、より計画的に借り入れ、返済をすることができます

 

大手キャッシング会社ではそういった返済計画の相談窓口もありますので、是非ご活用ください。

 

 

 

>>ランキングに戻る!